介護福祉士の資格が欲しいなら資料請求で最短で合格しよう

訪問介護で必要な介護資格

介護資格と言ってもたくさんありますよね。訪問介護の仕事をしようと思ったら介護初任者研修は、必ず持っていないといけません。

 

以前のホームヘルパー2級にあたる介護資格です。

 

介護の仕事をしようと思った時に勉強をしてみようと思い、介護初任者研修を学ぶ方が多いと思います。

 

介護資格の登竜門的な資格だと思います。そこから、いろんな介護資格の存在を知り、資格を取得されます。

 

私自身も訪問介護の仕事を長い期間していますが、仕事をしていて他の介護資格を知りました。

 

それが、ガイドヘルパーと精神障害者ホームヘルパーを取得しました。

 

この2つを取得してからは、少なからず仕事の幅が広くなったと思います。

 

ヘルパーの介護資格だけでもたくさんあります。

 

多分、施設では必要ないかもしれませんが、訪問介護で仕事がしたいと少しでも思うなら、あったほうが便利かもしれませんね。

 

介護の仕事をしている方なら、多くの方が思う介護福祉士を取得したいと思うことです。

 

いろんな介護資格を取りつつ、介護福祉士を目標にする方が多いと思います。私もその1人です。

 

介護資格は他にもありますが、私は介護福祉士を取得してからは、何も勉強はしていません。

 

そろそろ新しい介護資格の勉強をしたいなと思ってはいますけどね。

 

認定介護福祉士資格

これからの時代にマッチした介護資格

 

これからますます高齢化が進み、介護に関する需要が増えて行く時代になります。

 

そうした中で介護資格を取得しておく事は今後の仕事の幅も広がり大変有利になる事は間違いありません。

 

介護資格と言っても、色々なものがあり、介護報酬請求を行うケアクラークという介護事務から実際に高齢者などのケアに携わる介護福祉士などの資格が代表的な資格で、最も人気があるようです。

 

これらの介護資格は通信講座で比較的短期間の学習で取得する事ができるため主婦や転職を考えている人達でも自分のペースに合わせて学習を進めて行く事が出来るのが大きな利点となっています。

 

通信講座のスクールも数多くあるようですが、そのなかから予算や時間帯、実績、就職斡旋など、自分のニーズに合ったサービスが受けられるスクールを選択する事が大切です。

 

まずは、それぞれの学校のカタログやホームページを丹念にチェックしてみる事から始めましょう。

 

自分にぴったりの通信講座を見つけたら、とにかくしっかりと学習に専念するようにします。

 

何年もかけてだらだら学習しているとモチベーションの低下にもつながってしまうので、期間を決めて学習効果を上げる方が効率がよいのです。

 

これらの介護資格を一旦取得出来れば、これからますます雇用の需要が高まる介護業界で自分の力を発揮して行く事が出来、大きな武器となる事は間違いないでしょう。

介護資格を持っている彼氏

 

だ好きな彼氏は資格を持っています。

 

今している仕事は介護の仕事ですが、ちゃんと介護資格を身に着けているのです。

 

ちょうど十年前に、仕事を辞めて突然介護資格を取ったのでした。

 

それが今ではとても役立っているのです。

 

彼氏は男性なのに、とても人思いの優しい人です。

 

誰にでも分け隔てなく優しいのです。

 

そんなところが、今の仕事に向いてているのでしょう。

 

介護の仕事は尊敬できる、素晴らしい仕事なのです。

 

その仕事を始めて十年になりますが、今でも毎日頑張っています。

 

介護を必要としている人のためにと、とても役立っているのです。

 

でも私にはできません。

 

いくら仕事と言ってもこんなにも大変で責任重大の仕事をするなんて想像もつきません。

 

そして介護資格を取ろうなんて思った事もないのです。

 

私は事務員をしています。この仕事だって忙しくて大変なのです。

 

それなのに、彼氏はもっと大変な仕事に毎日取り組んでいるのです。

 

その姿を見ていると、本当に尊敬できるのです。

 

仕事でもできるのだから、もしも私が介護が必要になった時きっと彼氏が介護をしてくれるのでしょう。

 

そうはなりたくないですが、その時はとても心強くなれると思います。

 

そんな素敵な彼氏なのです。

介護の資格取得について

 

介護資格はこれからの時代、ますます必要とされる資格と言われています。

 

老人ホームやリハビリセンターなどでは介護の資格を持っていると手当が支給されたりします。

 

介護資格にはどのような種類があるのでしょうか。一番良く聞くのが介護職員初任者研修というものです。

 

これは以前のヘルパー2級の資格になっています。

 

これ以外にも介護資格は沢山あります。介護福祉士、社会福祉士、理学療法士、福祉住環境コーディネーター、福祉用具専門相談員、作業療法士、精神保健福祉士、介護支援専門員などです。

 

国家資格は取得するのに年数もかかりますし、難易度も高いです。

 

介護資格を取得したいと思ったら、まず各資格の勉強をするための学校に資料請求をしてみましょう。

 

資料請求前は、自分に資格取得の条件があてはまるかも確認する必要があります。

 

条件が満たされないと受験できない資格もありますので、注意が必要です。

 

社会人になってからでも転職のために専門学校に通って資格を取得したり、夜間学校などで資格取得のための条件をクリアしている人も多くいますので、介護の資格を取得して仕事をしたい人は、とりあえず資料を取り寄せてみてください。

 

学校によっては見学ができるところもあるので、雰囲気を見に行くのも良いでしょう。